Minecraft Modパック探索記

MinecraftのModパックを攻略していきます。

【SevTech: Ages】#3 バイオーム生成法則とNature's Compass【Minecraft】

時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。

前回はツール類を強化して文明を発展させつつ、今後の拠点となるツリーハウスを建てました。今回は少し遠出をして、今後の攻略に必要なアイテムを回収します。

遠征の準備をする

_ (87)

今回の遠征で手に入れたいアイテムは、農業を解放するトリガーとなる【Farmland】・地図を表示する【Antique Atlas】・攻略に必須となる【Shadow Gem】・収納の強化に必要な【Darkland Oak Wood】の四つです。このうち【Farmland】【Antique Atlas】は村で、【Shadow Gem】【Darkland Oak Wood】は特殊なバイオームである【Darklands】で入手できます。

_ (90)

このModパックの世界は果てしなく広く、探し方が悪いと一生【Darklands】にたどり着けません。そのため、原木・苗木・【Flaked Bone】から【Nature's Compass】を作成します。

_ (91)

【Nature's Compass】の作成は進捗にもなっています。

_ (92)

このコンパスを持って右クリックをすると、GUIから探したいバイオームを選択できます。バイオームを選択してコンパスを持つと、バイオームの名前・座標・距離が左側に表示されるようになります。

本来であれば全てのバイオームを探知できる優れものですが、このModパックでは【Darklands】系のみ選択できるようです。

_ (95)
_ (96)

次に、遠征に必要不可欠な食料を用意しましょう。
このModパックには【Nutrition】というModが導入されており、十分な量の栄養を摂取することで有益なバフを得ることができます。そのため、可能であれば様々な食料を用意してバランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

序盤では特に【Grain】が不足しやすいですが、【Grain】を効率よく摂取できるバニラのパンは小麦を挽いて粉にする➡粉・塩・水をクラフトして生地を作る➡【Stone Grill】で焼くという手順に改変されています。

_ (93)
_ (94)

続いて、この時代に作成できる最高の盾である【Stone Braced Shield】を作成します。本当であれば防具も作成したい所ですが、革が不足気味のため今回は作成しません。

_ (99)

遠征の成果を持ち帰るために【Improved Backpacks】の【Backpack】を作成します。このアイテムは18スタックまでのアイテムを収納できます。

_ (101)
_ (102)

【Backpack】の収納力は【Storage Upgrade】によって9スタックずつ強化することができます。この時代の技術力であれば【Stone】まで強化可能で、最大36スタックものアイテムを収納できるようになります。

_ (104)

遠征先で安全な夜を過ごすために、【Sleeping Mat】を作成しましょう。このアイテムは携帯式のベッドに似た効果を持ち、夜間に右クリックで夜をスキップすることができます。

ただし【Sleeping Mat】にはリスポーン固定機能がないこと、起床時にデバフがかかることに注意して下さい。

_ (109)

最後に【Raft】を作成しましょう。
これはボートのように水上を速く移動できる乗り物で、今回作成した【Oak Log Raft】を含めた全6種類が存在します。

これでようやく出発の準備が整いました。

Darklandsへ赴く

_ (111)

コンパスの示す先へ川に沿って進むと、村を発見しました。

この世界の村は大きく技術レベルが後退してしまっており、エメラルドやエンダーアイといった抜け道は全て塞がれています。

_ (112)

無事に【Farmland】を確保しました。【Farmland】は骨粉と交換できるようです。

_ (113)

画像中央にある黒い構造物からは、強力な敵である【Lesser Shoggoth】がスポーンします。幸いにして近づかない限りはスポーンしないため、今回は避けて進むようにします。

_ (115)

少し進むと、【Steppe Wolf】に遭遇しました。

この動物は複数で行動することが多く、まともな武器が無い場合は少々危険です。水に入って機動力を奪い、落ち着いて攻撃しましょう。

ドロップアイテムの【Wolf Head】【Wolf Pelt】は優秀な防具の素材に、【Raw Wolf Meat】は満腹度回復に優れた食料になるため、積極的に狩るのも良いでしょう。

_ (117)

画像の小さな建物には、村人と僅かな資材、そして【Fire Pit】が設置されています。有難く使用させてもらい、食料を調理して補充します。

_ (118)

さらに進むと、巨大な化石を発見しました。
骨ブロックは【Grindstone】で骨粉に変換できるため、いくつか確保しておきます。

_ (119)

サバンナやジャングルにはオウムが生息していますが、オウムは後々攻略で必要になります。今は場所だけ記憶しておきましょう。

_ (120)

サバンナや砂漠には画像のような謎のオブジェクトが点在します。

どこかで見たような形をしていますが、これが何か分かる日は来るのでしょうか。

_ (122)

数日間歩き続け、ついに【Darklands】に到着しました。
進捗の【Enter the Darklands】も達成です。

_ (123)

【Darklands Forest】は、常に薄暗い【Darklands】の中でも特に視界が悪く、このままではモンスターに不意打ちを受けて爆死しかねません。【Darkland Oak Wood】を半スタック程回収し、視界の良い【Darklands Plains】へ移動します。

_ (124)

そして、恐ろしい夜がやってきました。

このバイオームでは、時折通常とは異なる敵がスポーンします。

_ (126)

先ず遭遇したのは【Depth Ghoul】です。通常のゾンビよりも大きく、またHPと攻撃力も高めです。幸い動きは遅いので、クリティカル攻撃を繰り返して対処すればそこまで脅威ではありません。

_ (129)

このゾンビに似た敵は、【Abyssal Zombie】です。近くのゾンビを襲い、倒したゾンビを確率で【Abyssal Zombie】にします。

_ (127)

目的の敵の一種である【Shadow Creature】を発見しました。このタイプの敵は体から煙が出ており、真っ黒な外見でも比較的判別しやすいです。別サイズのモンスターとして【Shadow Monster】【Shadow Beast】が存在し、サイズが大きくなるにつれてステータス・ドロップアイテムが強化されます。

_ (132)

【Shadow Beast】を発見しました。チャンスです。

_ (131)

【Shadow Beast】には、煙を吐き出して視界を奪う攻撃があります。幸いダメージ自体は致命的なものではないため、落ち着いて避難してから回復しましょう。

_ (133)

【Shadow Gem】を入手し、これで全ての目的を達成しました。帰還しましょう。

_ (137)

帰路の途中で、【Empty Antique Atlas】を購入しました。羽とイカスミを多く消費しますが、ここでは2つ購入します。

_ (138)

【Empty Antique Atlas】を右クリックすると、周囲の情報が表示されました。
これでもう迷うことはありません。

_ (139)

さらに、【Antique Atlas】と【Empty Antique Atlas】をクラフトすることで、バックアップを作成することができます。このModパックでは【Corail Tombstone】のおかげでロストしにくいですが、万一に備えて確保しておきます。

_ (141)

ようやく家が見えてきました。今回の遠征は大成功です。

バイオーム生成法則について

ここからは、このModパックのワールド生成法則【HeatMap】について少し説明します。詳細は【SevTech: Ages】の英語wikiに譲りますが、簡単に説明すると、

①Z座標0から北へ行くほど寒冷バイオームに、南へ行くほど熱帯バイオームになる
②X座標0から東へ行くほど湿潤バイオームに、西へ行くほど乾燥バイオームになる
③バイオームはおよそ10000ブロックを目安に一周する

という生成法則が【HeatMap】にはあります。

このままでは分かりにくいので、例を挙げてみます。
例えば、初期スポーン付近の【Meadow】バイオーム(草と花に恵まれたバイオームで【Warm Average】の気候で出現)にいるプレイヤーが、ジャングルバイオーム(スイカとカカオのバイオームで【Hot Wet】に相当)を目指すとします。この場合、法則①と②より、南東方向へ進むことでジャングルバイオームにたどり着ける可能性があることが分かります。初期スポーン地点はちょうど【Warm Average】の中央に位置することと法則③から、【Warm Average】からおおよそX軸方向に1300、Z軸方向に1000くらいの距離から【Hot Wet】の気候に切り替わると考えられます。

英語ではありますが、以下にリンクを掲載します。

*注意*
バイオームの生成には大きなずれが生じやすく、最悪の場合1000ブロック近くも生成がずれ込むことがあります。また、あくまで「【Hot Wet】の気候ではジャングルが生成される可能性がある」だけであり、実際は海洋バイオームや他のバイオームによってジャングルが生成されない可能性もあることをご了承下さい。


次回は入手したアイテムを使用して、攻略を一気に進める予定です。

Sponsor Link

【SevTech: Ages】#2 生活向上のために拠点を建てる【Minecraft】

時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。


前回は【SevTech Ages】独特の仕様変更に四苦八苦しながらも、最低限文明らしきものを構築することに成功しました。今回は「家」を建てることを目標に、いくつかの進捗を達成していきます。

新しいツールを作成する

_ (44)

ツールを作成する前に、家を建築するために便利なチェストを紹介します。

先ずは【Ferdinand's Flowers】の花を8つ集めてチェストと同じ要領でクラフトしましょう。

_ (46)

この【Flower Chest】は、嵩張りやすい【Ferdinand's Flowers】の花やキノコを収納できます。この時代のチェストとしては破格の容量ですので、他Modのアイテムが収納できないことを差し引いても作成する価値はあるでしょう。

_ (48)
_ (49)

続いて作成するアイテムは【Immersive Craft】の【Shelf】です。【Chest】によく似たレシピですが、こちらは16スタックまで収納できます。同じModの【CupBoard】と併せて、適材適所で選択すると良いでしょう。

_ (50)

ここからは進捗で要求されているアイテムを作成していきます。

【Flint Work Blade】は、主にクラフトで使用するツールで、木の皮を剥いだり革を加工したりと様々な使い道があります。

_ (52)

【Spear】は、飛び道具としても使用できる武器です。飛距離は8ブロック前後ですが、投げた場合はダメージにボーナスがつくようです。

_ (54)

似ている飛び道具に【Tomahawk】があります。【Spear】は弓と同じ感覚で投げることができるのに対して、こちらは右クリック1回で飛んでいきます。

_ (56)

次は【Clay Kiln】を作成しました。
このアイテムは石等を精錬することが出来ます。

_ (62)

【Clay Kiln】を使用するためには、真下に炎ブロックが必要です。【Whittled Fire Sticks】で火を起こして、原木を精錬してみましょう。アイテムの投入・回収は右クリックで行えます。

_ (63)

原木を精錬すると、【Low Grade Charcoal】が完成しました。

このアイテムは木炭4個分の燃焼時間を持ち、ネザーラック同様に着火した炎が消えないという性質を持ちます。このため、今後は【Clay Kiln】を使用するために炎を起こさなくても良くなります。

_ (67)

【Clay Kiln】のように、真下に炎ブロックが必要なアイテムとして【Stone Grill】があります。こちらは1スタックまで食料を精錬できるため、【Fire Pit】の上位互換と言えるでしょう。

石臼と革とベッドを作成する

家を建築するにあたって絶対に欲しい家具は、リスポーン地点を固定するベッドです。
現在の技術力ではバニラのベッドを作成できませんが、代わりのアイテム【Tipi】であれば作成できます。

_ (69)

ただし、【Tipi】をクラフトするためには複数の手順を踏む必要があります。先ずは【Horse Power】の【Grindstone】を作成しましょう。

_ (70)

【Grindstone】は、左に粉砕したいアイテムをセットして右クリックを長押しすることでアイテムを粉砕します。今回は【Brown Dye Powder】を作成しましょう。

【Brown Dye Powder】は【Ferdinand's Flowers】のキノコを挽いたり、赤・黄・黒の染料を挽いてクラフトしたりすることでも入手できます。

_ (71)

【Brown Dye Powder】は【Fluid Bladder】の作成に使用します。

このアイテムは、バケツのように水を汲むことができますが、水源を設置することができません。あくまで「アイテムクラフト」専用のアイテムになります。

*注意*
このModパックでは、海や河川といった一部バイオームを除いて無限水源が生成されないようになっています。無限水源を他のバイオームで使用するためには【Aqueduct】が必要になるため、現段階では河川等のバイオームに気を付けて水を汲んで下さい。

これで下準備が完了しました。

_ (68)

先ずは動物から得た【Hide】を【Flint Work Blade】で加工して【Raw Hide】にします。この時得られる【Raw Hide】の数は、動物の種類によって変化します。

_ (74)

次に、【Raw Hide】と水の入った【Fluid Bladder】、【Salt】をクラフトして【Salted Hide】を作成します。【Salted Hide】は【Drying Rack】で乾燥させます。

_ (29)

【Salt】は白いブロックの形で地面に露出しているため、多めに確保しておきましょう。

_ (73)
_ (76)

【Salted Hide】を乾燥させている間に、もう一つの材料である【Ground Resin】を作成します。中間素材である【Bark】は原木に向かって【Flint Work Blade】を右クリッく回収できる他、原木と【Flint Work Blade】のクラフトでも確保できます。

_ (77)

乾燥した【Dried Hide】と【Fluid Bladder】【Ground Resin】で【Wet Tanned Hide】をクラフトしたら、もう一度【Drying Rack】で乾燥させます。類似アイテムに【Item Rack】がありますが、こちらにはアイテムを乾燥させる効果が無いことに注意して下さい。

_ (78)

革を入手すると【Leather, Rinse Repeat】の進捗を達成しました。

進捗について軽く調べたところ、この英語には「同じ手順を繰り返す」という意味があるそうです。何度も水洗いして乾かす、革の作成手順にぴったりの進捗です。

_ (79)
_ (80)

最後に、画像のようにクラフトすることで【Tipi】が完成します。
もはや悪天候は問題となりません。

_ (81)

【Tipi】はかなり広いスペースを要求し、設置には土系ブロックを中心とした5×5ブロックが空白である必要があります。ただし、一度設置した後であれば、中心と隣接する4ブロック以外にブロックを設置できます。

家を紹介する

今回は最後に、建築に便利なアイテムと完成した家を紹介します。

WorkBench

先ず紹介するアイテムは、【Work Stump MK2】です。
前回の記事で紹介した【Work Stump】よりも強化されており、一度に複数のアイテムをセットすることが可能になっています。そのため、ハーフブロック等の建材を量産しやすくなっています。

アイテムを撤去する方法がシフト右クリックへと変化しているため、注意して下さい。

_ (61)

【Work Stump MK2】の材料にはダークオークの原木・【Sakura Wood】・【Eucalyptus Wood】のいずれかの原木が必要です。この中では比較的発見しやすい【Sakura Wood】を使用することをおすすめします。

_ (55)
_ (60)

次に紹介するアイテムは、序盤用のハサミとして追加されている【Bone Shears】【Flint Shears】です。今回は、葉ブロックの回収に活躍しました。

_ (82)

それでは、完成した我が家を紹介していきます。

ツリーハウスの根元には、解放感を重視した出入り口をあしらえました。

_ (83)

一階には【Thatch Thin Slab】が敷かれ、食料や花が保管されています。万が一モンスターが入ってきた場合に備え、ここにはあまり重要なアイテムを置かないようにしています。

_ (84)

階段を上った先には、バルコニーと作業場を用意しました。
景観と機能性を両立した、個人的にお気に入りの場所です。

_ (85)

さらに階段を上ると、【Clay Kiln】【Stone Grill】といった火を扱う製錬部屋が見えます。ツリーハウスが全焼してしまわないよう、ここの設計には細心の注意を払いました。

_ (86)

リスポーン地点となる【Tipi】は、モンスターからの襲撃に最も強いツリーの最上部に設置してあります。晴天であれば夜空が葉ブロックの隙間から見えるようになっており、秘密基地の浪漫を建築技術の許す限り詰め込みました。

帰る場所ができたということは、想像以上に安心感をもたらしてくれます。

HOME

次回は、少し遠出をして攻略に必要なアイテムを回収する予定です。

Sponsor Link

【SevTech: Ages】#1 プライマル・クラフター【Minecraft】

時代と共に成長するModパック【SevTech: Ages】を攻略していきます。

今回からは新しいModパック、【SevTech: Ages】を攻略していきます。このModパックは特に序盤の攻略方法が特徴的ですので、慎重に進めて行きましょう。

火打石を集めてスタンプを押す

_ (4)

早速新しいワールドを作成しました。
【Preset: SevTech_V2】を選択すると、ワールド生成に少しリアルな生成法則が適用されるようになります。

_ (5)

草原からスタートしました。
地面のある世界は久しぶりです。

_ (6)

この世界では、素手で原木を回収・加工することができません。そのため、最初は【Hatchet】を作成することが目標になります。

_ (7)

先ずは周囲にあるバニラの草、もしくは草ブロックを破壊して【Plant Fiber】を入手します。背が高くて少し硬い草は【PrimalCore】の【Rush】で、目的のアイテムとは別ですので注意してください。

_ (13)

次に、葉ブロックを破壊して棒を入手します。先に原木を破壊した場合、自然に消滅した葉ブロックからは棒が入手できません

_ (9)

続いて砂利を採取して火打石を入手します。ただし、このModパックでは火打石が砂利からドロップしないようになっています

_ (14)
_ (15)

そこで使用するのが【Glass Fiber Mesh】です。火打石はツール等の素材として使用するため、ここで多めに作成しておきます。

_ (17)

入手した火打石を加工するために、手ごろな硬い石を探しましょう。火打石を持った状態で石を軽く左クリックすると、確率で【Flaked Flint】に変化します。

ツルハシが適正ツールのブロックであれば、大抵のブロックで打ち欠くことができるようです。

_ (18)

最初のツール、【Flint Hatchet】が完成しました。
これでようやく原木を回収できるようになります。

_ (20)

原木を入手したら、早速作業台のプロトタイプを作成します。原木2つを画像の通りにクラフトしましょう。

_ (22)

完成しました。

その時代のキーアイテムを作成すると、ファンファーレと共に新しい時代のアイテムやシステムが解放されます。これでようやくチュートリアルが完了し、いよいよ【SevTech: Ages】の世界を本格的に攻略することになります。

拠点を作成する

_ (23)

アイテムを作成している間に、周囲はすっかり暗くなってしまいました。【Mo'Bends】というModの影響で、普段よりも5割増しでモンスターが怖く見えます。

_ (24)

伝統的な方法でモンスターを回避しつつ、反撃のために武器を作成しましょう。

【Sharp Bone】は、骨を石に打ちつけるだけで作成できる簡易武器です。攻撃力は3と低いものの攻撃速度に優れ、速い・安い・(コストの割に)強いと序盤を凌ぐには悪くありません。

_ (25)

モンスターと戦っていると、トランペットを持ったスケルトンを発見しました。このスケルトンは大きな音と共にノックバック効果を与えてきますが、体勢を崩されないように気を付ければ敵ではありません。

ちなみに【SevTech: Ages】では、敵の武装レベルも時代によって変わります。Age 0であれば弓持ちのスケルトンは殆どスポーンしません。

_ (26)

しかしながら装備持ちのゾンビは多く、このままでは攻略もままなりません。
早急に拠点を建てる必要があります。

_ (35)
_ (36)

【Chopping Block】に原木をセットし、斧で数回左クリックすると木材を入手できます。この時得られる木材は斧の種類によって若干変化します。

_ (37)

拠点が完成しました。

仮にも長年クラフターをしている者としては余りにも粗末な拠点ですが、この時代の技術力では土豆腐洞窟暮らしの二択になる方が多いのではないでしょうか。

クラフト・収納・かまどを作成する

このしょっぱい構造物を拠点と主張するためには、少なくとも作業台やチェストといった家具が欲しい所です。早速作成していきましょう。

_ (38)

先ずは【Whittled Fire Sticks】を作成します。

これは使い捨ての火打石と打ち金のようなもので、メインハンドとオフハンドに持ち、一回だけ右クリックを押すことで任意の場所に火をつけることができます。

右クリック押しっぱなしや連打では点火できないことに注意して下さい。

_ (41)

続いて【Un-Lit Fibre Torch】に火を灯します。このアイテムは【Plant Twine】と棒だけで作成できる松明で、火や松明等に向かって右クリックすることで光源として扱えるようになります。

また、【Whitted Fire Sticks】を持って右クリックすることで点火と消火ができます。この方法であれば【Whitted Fire Sticks】は消費しないようです。

_ (37)

光源を手に入れたら、次はチェストを作成します。

木材8個と【Rock】を右クリックでセットし、【Work Stump】に向かって【Crafting Rock】を数回右クリックしましょう。

_ (38)

【Immersive Craft】の【Chest】が完成しました。
現段階ではバニラのチェストは作成できないため、こちらを使用します。

_ (39)

この【Chest】は、最大で12スタックまでのアイテムを保存できます。
シフトを押すことでアイテムの数量を確認できることを覚えておきましょう。

Fire

今回最後に作成するアイテムは【Fire Pit】です。

バニラのかまどよりも出来ることは少ないですが、とりあえず食材を調理することはできます。

_ (40)

使い方はシンプルで、食材を右クリックでセットした後に燃料を右クリックで投入するだけです。

これで最低限の設備が整い、攻略の足場が出来ました。


次回は新しいアイテムを収集し、拠点を強化していく予定です。

Sponsor Link

記事検索
スポンサーリンク